外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

大またで歩くと、カラダには良いのか?悪いのか?

当センターで歩き方を教えていて、
必ず質問されたり、話題に上るこの話。

「大またでグイグイ歩く」なんかエネルギッシュで、
健康的なイメージがありますよね。

実際に、当センターにお越しになる方の多くが、
大また歩きは健康にいいと信じています。

しかし残念ながら、大また歩きは基本的にはやめて頂きたい
代表的な歩き方の1つなんです。

ではそれは何故なのか?どれぐらいが適切なのか。
 

今回はそんなお話です。

 

まずそもそも歩幅というものは、あなたの身長によって
適切な長さを出す一般的な計算式がある、ということはご存知でしょうか?

細かく言えば、股下やスピードによっても変わってきますが、
身長×0,45=普通に歩いたときの適切な歩幅
というのがあるのです。

私であれば、177×0.45=79.65センチ
私の靴が26.5なので、ちょうど三足分。
あなたも計算して、靴や足の大きさでおよそ並べてみてください。

(足と足の間の幅ではなく、後ろの足のかかとから前の足のつま先まです。
ご注意ください)

広く感じるかもしれませんが、これは歩いているときの歩幅。
静止状態から歩き出す時はもっと小さい歩幅でスタートです。


そして歩いている所をスマホなどで撮影してみれば、
およそ靴三足ぐらいになっているものです。

 

それはさておき、このことで何が言いたかったかというと、
言ってみれば大股が良いとか小股が良いのでなく、
あなたのサイズにあった「適切」がある、ということです。

そんな中で大また歩きが良いと思っている人は、
いくつかの代表的な理由があります。


①エネルギッシュでパワフルで、健康的なイメージがするから。
②TV等のメディアで体にいいとか、痩せるとかで紹介されていたから。
③早く歩ける気がするから。

この辺りになるでしょうか。
要するになんとなくや、イメージや、メディアの誘導、
というのがほとんどなんです。


逆に過度の大また歩きの弊害として、
無用な筋トレ状態が続くため足が太くなる、
衝撃を吸収するシステムが機能せず足を痛める。


そして私の教えている、
かかとに重心を置いた理に適った歩き方
(ネイティブウォーキング)ができなくなる、
などが上げられるのです。

③に関しては、私の提案は「急がなくていいようにしましょう」
もしくは、「ストライド(幅)でなくピッチ(回転数)」で、
速さを出しましょう、ということになります。


大また歩きをやめただけで
股関節や膝の痛みが無くなった、
疲れにくくなった、
浮腫みにくくなったなどの声をいただくのは、

よくあることです。

もしあなたが、もっと詳しく大また歩きの弊害について聞きたければ、
当センターまでお越しください。


実際にあなたの体を使って、詳しく解説しますよ。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます