外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

体に負担の少ない、正しい座り方(イス編&地べた編)

当センターは歩き方や姿勢の矯正にも力を入れているので
(というか、それがメイン)、
通って頂いている方であれば、

その辺りは口をすっぱくして言われてきたと思います。
(猫背などの改善をご希望で、まだお越しになったこと無い方は、
期待しててください)。


デスクワーク中心の方で、
座り方が悪影響を及ぼしていそうな方には、
座り方のアドバイスもしていたのですが、
「聞いてないよ~」という方のために、
今回ここでお伝えしておこうと思います。

まず地べた編ですが、
基本的に正座が○
体育座り△
長座△
武将のやるような姿勢の良いあぐら△


後はほとんど×です。

ここで言う良し悪しは、
姿勢や骨格に対する影響だと思ってください。
ヒザの痛い方なんかは正座はできなかったりしますもんね。


まあ総じて地べたに長時間座るのは、
特に腰に対して負担が大きいので、
あまりお奨めしていません。


もし私は地べた派で、
イスとテーブルなんか使うもんか!って方であれば、
次善の策としては低めの台などを、
イス代わりにお尻の下に入れて座ると、
負担は軽減されます。

これは要するに道端でも、
地べたより階段に座るほうがラクなのと同じで、
段差ができ腰が上になることで重心バランスが変わり、
腰への負担が軽減されるということです。
柔らかすぎると安定感がなく余計疲れるので、
お尻が痛くない程度に硬いほうが良いでしょう。

 

そしてイス編ですが、いくつかポイントがあって、
下から順に行くとまず足元。


ここは基本的にはイスの後ろで組んだり、
前に投げ出したりせず、しっかり地面を踏むこと。


もししっかり地面を踏んでいなければ、
座っている姿勢の支えはお尻~腰周りのみでやることになり、
負担が大きいです。


基本的にというのは、ずべて常時正しい姿勢、
というのは無理なので、崩すタイミングはあってもいいけど、
ここに戻ってきましょう、という感じだと捉えておいてください。


次にヒザ頭はくっつけず、少なくともこぶし一個ほどはあけましょう。
これは女性の方にとっては「エーッ」となる話かもしれませんが、
私がスカートの中を見たいがためではありません。
膝頭を寄せて座ると、骨盤が寝て(丸くなる感じ)しまい、
腰に負担が掛かる角度になりやすいのです。


そして、今の話の続きみたいなものですが、
背もたれなどにも垂れて腰を丸くしてしまわず、
骨盤を立てて座るようにします。

①が骨盤が寝た感じ。②が骨盤が立った感じです。
力を抜いてだらっと座っては、この②の座り方にはなりません。
ポイントはおなかに力を入れることで、
それによりこの座り方をキープできるのです。
「座るのに力って要るの?」
はい、ある程度はいるんです。
長時間にならなければ別にいいのですが、
何時間も座るようなお仕事の場合、
腰への負担を軽くし、首肩の角度を良いように保つには、
おなかの力で支える必要があるのです。


ちょっとしたアドバイスをするなら、
お尻の後ろにだけタオルなどを折ってはさんで座ると、
骨盤の角度が良い状態で維持しやすく、
安定してよい座り方ができます。

低反発などの、柔らかい座布団はお奨めしません。
足にとっての中敷きの話と同じで、
お尻の当たりは良いかもしれませんが、
その分お尻~腰は安定しにくいので、
余計に腰への負担は大きくなります。

いかがでしょうか?これは基礎中の基礎で、
センターにお越しの方にはイスとデスクの高さのバランスや、
パソコンの位置などは、
その方の体型体格に応じて細かくお教えしています。


気になった方は、ぜひお尋ねくださいね。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます