外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

腰のコルセットの正しい使い方

腰痛持ちの方の多くは、
腰に巻くコルセットの1つや2つは持っている
という方が多いでしょう。

確かに巻いていると腰に安定感が増してラクで、

安心感があります。
しかし正しく使わないと、
かえって腰痛を悪化させてしまうことも。


今回はそんな、コルセットの正しい使い方についてです。

腰に巻くコルセットは、市販でもたくさん売っていますが、

最初の出会いは整形外科でもらって、
という方がほとんどではないかと思います。

もちろんもらってといっても、タダでもらってるわけではないですけどね。
本当はそのときにコルセットというものの効果についてと、
正しい使い方を教えるべきなんです。


実際、良心的なちゃんとした(?)お医者さんは、
そうされているようです。
しかしどこの世界でもそうですが、
残念ながらそうではないお医者さんもおられます。
なので、ここで解説しておきます。

腰痛の方は状態にもよりますが、
大まかに言えば腰周りの状況が、
負担≧支える力という図式になっています。


ここで言う支える力というのは、
端的に言えば胴回りの筋力と思ってください。

(正確にはちょっと違ってきますが)

この支える力の助けになるのが、コルセットというわけです。
確かにそりゃ楽にはなるでしょう。


しかしここで忘れてはいけないのは、
本来自前でやらなければいけない仕事の手が回らないのを、
コルセットに助けてもらっている
ということです。


それが分かっている方は、いつかはきちんと自前の筋力でいけるよう、
トレーニングなりをしていくはずです。


「いやー、助けてくれるんなら一生それでいいやん」と思った方、
残念ながら大きく見落としていることがひとつあります。


それはあなたも私も、毎年歳を取っていくということです。
そうです。間違いなく筋力は衰えていきます。


ましてや、コルセットをしていると負荷が楽になる分、早く衰えることに。
そうすれば 負担=支える力(自前の筋力+コルセット)の、
自前の筋力が落ちていくと、イコールにならなくなっていきます。


そうなってからトレーニングを始めると、
大体オーバーワーク気味になって痛めてしまうことがほとんどです。


そして、にっちもさっちも行かなくなってしまう…。
こんな方、意外にとても多いんです。

ではどうするべきかというと、
コルセット自体をやめてさらしにした方が全然いいです。


ちゃんと巻けば、筋力は落ちにくく固定力はコルセットよりあります。
(詳しくはお尋ねください)


コルセットだとしても期間限定と思い、
どんどんつける時間を減らしていく。

それと同時に痛めないよう無理のない程度に、
胴回りの筋力も上げていく。


胴回りのトレーニングの仕方は、
健康な人がやるのとは少し違ってくるので、
専門のところでやったほうが良いでしょう。


当センターでは、そのあたりも改善のメニューの中に含んでいるので、
“痛めない力の入れ方”から教えています。


もしあなたやあなたの身近でこんな方がいれば、
ぜひ教えてあげてくださいね。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます