外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

腰痛は“ベルトより上か下か”で、対策が変わる!

腰痛といっても種類があり、それによって対策は変わります。

ヘルニアや脊柱菅狭窄症、
坐骨神経痛やすべり症など様々な分類がありますが、
ここではあなたでも簡単にすぐに判別できる、
大まかな対処法をお教えします。

私は昔スキューバダイビングのインストラクターだったのですが、

実は海に浮かんで遭難しかけたことが、何度かあります。

なのでそんなときに一番やってはいけない事、知ってます。
それは“やみくもにどこかに泳いでいくこと”です。
コレをやってしまうと、まず助かりません。
すぐに疲れて終わってしまうのがオチです。

この話は海で遭難したときの話ですが、これに似たようなことを、
日常生活では意外にやってしまっていることがあるんですよねー。


例えば腰痛でもそうです。

成り立ちや種類が違えば、採らなければいけない対策は当然違います。
間違った判断からの対策で、良くなっていかないだけならまだしも、
悪化してしまうことすらあります。

普通は専門家の判断を仰ぐのが一番ですが、
今回お伝えするのはあなたにも判断できる大まかな方法です。

 

それはあなたの腰痛が、
ベルトライン辺りより上の腰痛か、下の腰痛かということです。

まずベルトラインというのは、男性の一般的なズボンの、
と思ってください(女性の服に詳しくないので)
ちょうど腰骨の上あたりでしょうか。
コレより上で、どちらかというと刺すような痛みと言うより鈍痛や、
重いだるい感じに近ければ、
この腰痛は“姿勢の問題”で発生している腰痛の可能性が高いです。

コレより下であれば、
骨盤のズレや歪みが関係している腰痛のことが多いです。

 

まず姿勢の問題の腰痛は、
多くの場合腰を反りすぎてしまって起こっています。

またそれに伴う場合が多いですが、おなかの力を上手く使えず、
その分腰に負担が大きくなっていることも良くあります。

夜仰向けに寝ようとすると、腰が浮いてきた感じがしたり、
実際に腰の下が浮いていてしんどい、などと感じるなら、
ほぼ間違いありません。
このタイプの方は、まず日常反っていることに気づくこと。
そしてどうにかして反るのを改善すること。

それと平行しておなかの筋力を、
上手く使えるようトレーニングすること(筋力アップとは少し違います)
このあたりが対策になります。

 

骨盤のズレや歪みの腰痛の場合は、
歪みを取ることと歪めてしまう原因対策をしなくてはいけません。

歪み自体は、専門のところで改善してもらうほうが良いでしょう。
当センターでも行っています。

当センターでは再発防止のストレッチやトレーニングなどまでお教えし、
良い状態をキープしやすくしています。
また歪めてしまう原因を残したままだと、
またすぐに同じことになってしまうので、
それも見つけて改善してしまいたいところです。
分かりやすい例で言うと、足を組んで座る癖などがコレに当たりますが、
原因は様々です。

当センターでは歪み方とその方の日常生活を照らし合わせて、
具体的な動作まで特定していきます。

このように、状況に合わせて対応はまったく変わってきます。
あなたの今お悩みの症状も、現状の判断を間違っていて、
対策が的を得ていないだけなのかも知れません。

これはどんな症状でもいえることです。
ネットの情報などは出所の分からない、不正確なものも多いです。

 

ご自分だけで判断してしまわず、
良ければ一度当センターまでご相談ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます