外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

みんなが誤解している、正しい靴のすり減り方とは

腕のいい車の整備士さんは、タイヤやブレーキのすり減り方を見れば、
その方が運転が上手いのか下手なのか、
どんな運転をするのかが大体分かるそうです。

どんなものでもそうだと思いますが、やはり特徴が出ているのだそうです。
実は私も靴のすり減り方を見れば
、その方がどんな歩き方をしているのかは、大体分かります。


お越しになった方にそんなお話をしていると、
靴のすり減り方についてとんでもない誤解をされていて、
そのせいで足をどんどん悪くされている方が、意外に多くおられます。
もったいない。


今回はそんなよくある誤解についてです。

特に靴の“かかと”のすり減り方についてですが、
あなたはどうやって減っていくのが正しいと思いますか?

 

 

①内側から
②外側から
③平行に

 

センターで聞くと、

③だと思っておられる方が結構多いのですが、
実は間違い。


実は正解は②の、外側からすり減るなんです。

 

③の平行にすり減るが正しいと思っていた方、
よくよく考えてみればそれは誰に言われたわけでもなく、
なんとなくまっすぐが正しいのでは?
と思っていただけなのではないでしょうか。

(たまにそんなことを教えてしまっているところもあるようですが)


しかし、外側から減っていくのにはちゃんとした理屈があるのです。

ざっくり説明すると、足の内側は土踏まずと言い、
踏まずに浮き上がっている部分があるはずです。


ということは足の裏は歩くときや立つときは、
平行に使っているのではなく外側加重になっている時間のほうが、
長いということになります。

詳しくは→こちら


 

なので外側のほうが早く磨り減っていくのは、
ごく自然なことなのです。

なのに、ご自分で靴のかかとを見たときに
「うわぁ、まっすぐ減ってないで外から減ってる!」と思って、
重心を内に掛け、
無理に平行にすり減るように改善しようとする方までおられます。


はい、コレ、最悪です。
自分の誤解で足の症状を作ってしまっています。


コレをすると状況に応じてO脚や外反母趾になったり、
膝痛や股関節痛、太ももが太くなりお尻が垂れる、などが発生します。


一度やってしまうと、歩き方全体を修正しないといけないので、
結構手間がかかってしまいます。

こんな風に、なんとなくの思い込みやちょっとした誤解で、
本当は無かったはずの問題が発生してしまうことが、
足に関してはものすごく多いのです。

 

早く正しい知識が広まっていけばいいのにな、と思って、
今日も一生懸命発信しているのですが…。


足に関して疑問があれば、私に答えられる範囲であればお答えしますので、
LINEやメールで遠慮なくご相談下さいね。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます