外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

足が疲れる・むくむ・冷える

足が疲れやすい、すぐにむくむ、足先の冷えが取れない、
などの症状で、ご相談を受けることがよくあります。


他の方の足を使ってみる機会など無いですから、
それぐらいが普通なのか異常なのか分からず、
我慢して頑張っておられる方が多いようです。


しかし実際に見せていただくと、実は改善可能なケースが多いです。


足が疲れる、むくむ、冷える方に、
本来まず考えて頂きたいのは、
どうやって疲れやむくみなどを取るか、という対策ではなく、
何故疲れやすい、むくみやすいのかという原因の方です。


そうでなければ、年齢を重るなど条件が厳しくなるにつれ、
対策が後手になり、追いつかなくなってしまいます。
実際にこんな理由で、職を変えてしまう方もおられるのです。

 

よく、足の疲れは血液やリンパの循環が悪くなってしまっているから、などということが言われます。


そして血液やリンパを流すマッサージをしましょう、
ということに行き着いたりします。


しかし、これは間違いではないですが、
原因を捉えた根治の方向である、とも言えません。


何故なら本来、血液もリンパも滞らず流れるものであり、
その循環が悪くなっている「原因」こそが、
知りたい本質なのですから。

そもそも、立った状態で体の一番下である足に流れ込んだ体液は、
上には上がっていきにくいのは当たり前です。

 

それではどういう仕組みで、
体液が上がっていくようになっているかというと、
血管の収縮だけではなく、足を正しく動かすことで、
筋肉が硬→軟→硬→軟と動きポンプとなり、
循環が促進されるようになっているのです。

 

例えば、ふくらはぎで説明すると①の格好と②の格好で、
ふくらはぎを触り比べてもらえば、
硬くなったりやわらかくなったりするのが分かります。

疲れたりむくんだらいちいちこれをやれ、といっているのではなく、
足のメカニズムにあった無理の無い、正しい歩き方をすると、
このような動きに自然となっているものなのです。


このような歩き方になりにくい状況の方としては、
具体的に例を挙げれば、摺り足の方、前のめりで歩く方、
足首の不安定な靴(ハイヒールや高サンダル等)で、
足首を固定ぎみで歩く方などが、それに当たります。


言いかえれば、疲れやむくみや冷えのキツイ方は、
歩き方に改善の余地がある、ということになります。

そのままそんな状態を続ければ、
最終的にはこんな状態にまで
なってしまうことに。


歩き方の改善で、驚くほど
足が楽になることは良くあります。

当センターではまず足と
体全体のバランスの検査をし、
軽い場合は歩行指導のみ、
場合によっては施術やインソール(ハイヒール用のインソールもあります)

を利用し、根本的な改善を目指します。

 

まずはご相談ください。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます