外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

あなたの脚が太くなってしまうのは
その靴の中敷きのせいかもしれません!

良かれと思ってやったことが、実は逆効果なんてことは、世の中よくありますが、足についてもそんなことは良くあります。
その代表的な例が、「足が疲れやすくて痛くなるから、クッションのある柔らかい中敷きを買って入れてみよう!」というやつです。あなたも思ったことや聞いたこと、ありませんか?

 

実はこれ、ものすごく大きな間違いなんです。
基本的にやっちゃダメ、絶対。

 


この結果足にどんなことがおきてしまうのかというと…、

足が疲れやすくなる、むくむ、冷える、外反母趾になる、浮指になる、偏平足になる、そして太ももやふくらはぎ、足首は太くなっていってしまう。

 

ね、悪いことだらけでしょ?何でそうなるか気になると思うので、説明します。


そもそも足には、足自体にクッション機能がついているのです。それがどこか分かりますか?


足のクッション機能は“土踏まず”が、それに当たります。そうなんです。飾りじゃなかったんですね~。

土踏まずがちゃんとある方は、ここがショックを吸収したり、振動を吸収したりしてくれています。


ちなみに、どれぐらいの衝撃吸収力があるかというと、正しい状態であれば、足の甲の上を軽トラックがひいてしまっても、なんと土踏まずは落ちず、支えてくれる力があるといわれています!


ですから土踏まずのある方は、足裏はもちろん、足首や膝、股関節や腰等への衝撃も、やわらげてくれているのです。

 

ではそんな足の裏に良かれと思って、クッション性の高く柔らかい中敷き(インソール)を入れると、どうなるでしょう。


土踏まずを持ち上げるには、その下が安定していることが必要です

下が柔らかく安定していなければ、持ち上がらずそちらに体重が掛かり、崩れてしまいます。

これが偏平足状態です。なんとなくお分かりいただけますか?

 

ピンと来ない方のために例を挙げてみると、砂浜やぬかるみの上に立つと、足の裏の“当たった感触”は良いですよね。固くなくて。

 

でもそこで歩くとどうでしょう?疲れると思いませんか? ずっと立っていると、安定させるために、余計な筋力を使うのではないでしょうか?
そうです。クッション性の高い中敷きって、そういうことなんです。

もう察しの良いあなたはお分かりかもしれませんが、この説明で何故足に様々な症状がでるかも想像付くと思います。


分かりやすく言えば、安定感の悪いところで立つ、下の柔らかいところで歩くという、無駄な負荷をかけているため、体の不必要な場所を、不必要に発達させてしまうのです。


ですので中敷きにクッション性を求めるのではなく、あなたの足自体のクッション機能(土踏まず)を生かすことが、大切なのです。

 

ではどうすればいいのでしょうか?
土踏まずを持ち上げる中敷きを履いたらいいのか…、実はそれはそれでまた問題アリで、ダメなんです。
なので、別の機会に記事を上げます。


とりあえず言えるのは、正しく歩けば土踏まずは勝手に持ち上がるので、それを身につけるのが一番です。


実際に正しい歩き方を身につければ、足の負担が楽になるだけでなく、足はどんどん細くなります。


コレ、本当です。当センターにお越しの方で大勢います。


詳しく知りたい方は、ぜひお尋ねください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます