外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

正しい姿勢とは??
あなたはこんな間違いをしていませんか?

 

また今回も、いきなりクイズです。
図1と図2、どちらが良い姿勢でしょうか?

答えを言ってしまうと、図1が正しい姿勢で正解なんですが、
迷ったり分からなかった方も多いんじゃないでしょうか。

 

実際に「良い姿勢で立ってください」というと、
半数以上の方が図2の姿勢をしようとしてしまいます。

 

この図2の状態を、私たちは“反り腰”といっています。
かなり問題ありの姿勢です。


この姿勢の方は、
腰痛(特にズボンのベルトラインより上辺りの腰痛)になりやすく、
猫背にもなりやすいという困った状態です。


また、股関節に問題を抱えている多くの方も、
この姿勢になっている場合が多いです。


皮肉なのは、良い姿勢をしよう、
猫背を治そうと思っている方であればあるほど、
なってしまいがちな姿勢だということです。


あなたはなんとなく、
胸をそらせばよい姿勢になった気がしませんか?

 

実はまったくそうではありません。
では、正しい姿勢をする上で、
重要なチェックポイントをお教えしましょう。

この①の図で一番注目して頂きたいのは、
実は背中(肩甲骨付近)と
お尻の位置関係なんです。


もう一度見ていただければ、
背中よりお尻の方が出ているのが
お分かりになりますか?


そうなんです。
もちろん、多少体型には左右されはします。


しかし基本的には正しい姿勢と
思われる姿勢をして、
そのままゆっくり壁に下がっていったとき、
まずお尻だけが当たる状態
(これはそのままチェック法になります)
それが正しい姿勢にとって
必須だということになります。

 

当センターで毎日姿勢のアドバイスをしていて、
いつも実感するのですが、
ほとんどの方にとってこの正しい姿勢というのは、
かなりお尻が出ているように感じるみたいなんです。


それでついカラダをそらして胸を張ったような感じの姿勢をして、
図2のようにお尻を引っ込めてしまうのです。
あなたも一度チェックしてみてください。
鏡に向かって横向きに立ち、
背中とお尻の位置関係を見てみましょう。


もしも背中のほうが出ていて、
あなたが腰痛や肩こり持ちの方なら、
この姿勢の改善で劇的に腰痛や肩こりは良くなって行くでしょう。

 


この正しい姿勢の習得の仕方にも、ちょっとしたコツやポイントがあります。良ければ一度、当センターへご相談ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます