外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

股関節の痛みについて

股関節の痛みは酷くなれば激痛で、
歩いて体重が掛かったときだけでなく、
仰向けに寝転んでも痛い状態にまでなるので、
夜ゆっくり寝ることもままならなくなってしまいます。


 

当センターは足の疾患を専門としているので、
そのような状態の患者様もお見えになります。


生活習慣で発症のものから先天的なもの(臼蓋形成不全など)まで
様々な状態の方がお見えになりますが、
ここでは、股関節の症状の原則と、当センターでの考え方、
対処法などをお伝えします。

生まれつきの痛みがそのまま続いている場合や、
事故の場合を除けば、現在股関節の症状でお悩みの方は
徐々に悪くなってきたということになります。

ということは現在の状態の原因は、
日々の生活習慣、具体的には歩き方をはじめとした、
「足の使い方」に問題があることになるはずです。

 


当センターにこられる方の多くは、
どこに行っても良くならなかった方です。

 

しかしそれはいくら適切な様々な治療をしたとしても、
日々傷む様な悪い使い方・歩き方をしていると、
「治療≦日々の損傷」という状態になり、
良くならなかったのです。


そうでなければ、本来自然治癒力を持っているはずの人間が、
いつまでも状態が良くならない、ということは考え難いはず。


そしてこれは先天的、もしくは事故の影響の痛みの方でも、
徐々に悪化している場合は同じことが言えるのです。

 

では具体的には、
どのような使い方(歩き方)が
股関節に負担を掛けているのかというと、
大まかで代表的には以下のようなものです。

 

 ●前重心で歩いている。

 ●膝の向きよりつま先の向きが外を向き、
                            ねじれている(オーバープロネーション)
 ●足首や膝をやわらかく使えず、硬直している
 ●地面を蹴って歩いている
 ●大またで歩いている
 ●足の使い方に左右差があり、横ぶれして歩いている。
 ●お腹を突き出し、反り腰ぎみになっている。

    等がそれにあたります。

もちろん、これをすればすぐにみんな悪くなる、
というわけではありませんが、
これらは基本的には股関節の負担を大きくする要因です。


いくつか簡単に解説も加えると、
つま先の向きと膝の向きがねじれるとてこの原理が股関節に
働き負担が掛かりますし、
足首や膝はやわらかく使えていれば、
歩行時の衝撃は吸収できるはずが、
できていなければモロにその上の股関節に衝撃がきます。

 


今までご自分の歩き方に疑問を持ったり、
理に適った正しい歩き方という概念は無かったかもしれませんが、
徐々に悪化している「生活習慣病」である以上、
ここが問題の核心なのです。

 

ですので当センターでの股関節の治療は、
これまでの使い方により、
偏った骨格や可動域を元に戻すための整体施術はもちろん、
歩き方や階段の昇り降りの仕方などの歩行指導を、
徹底的に行います。症状の程度や場合によっては、
インソールや股関節のトレーニングマシンも使用します。

 


またご自宅でのトレーニングメニューの作成・指導などを行い、
根本的な改善を目指します。まずはご相談ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます