外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

実は歩くとき、足裏はほとんど外側しか使わない

問題です。

歩くとき、足裏は全体を使ってしっかり踏みしめる、
○か×か?


答えは×です

まあ、タイトルからして丸分かりだったですね。

 

私が歩き方を教えているとき「先生!これがホントだったら、
ほとんど外側だけで歩けっていうことですか?」

といわれることがあります。
それは、大まかには正解ということになります。

なぜか?
足裏を三つの場所に分けて、
歩くときの役割別に説明すると(左図)

③のかかとは、
主に着地のときに接地する部分。

①の前足部は、
主にリリース(足を地面から離すとき)
に使用する部分。

ではその着地以降でリリースまでの、

いわゆる歩いているときに
接地しているのは、
②の部分ということになります。

またここで問題です。

その②の部分の
およそ内側半分を何といいますか?


そうですね。土踏まずといいます。
浮き上がっていて、踏まない部分だからこその土踏まず、という名前です。


ということは、
もうお分かりかもしれませんが、
歩いているときはまさしく、
外半分で歩いているのが、
本来のカタチなんです。

 

無理やり内側を浮かせて歩いてもいけませんが、
理に適った正しい歩き方をすれば足はその構造的に、
勝手に土踏まずは浮いて来るのです。
なので、立っている時や歩いているときに、
足の裏全体がベターと地面に着いている方は、
間違った使い方になってしまっている、
ということです。

最初のほうにお伝えした
「ほとんど外側だけで歩けって言うことですか?」
と仰る方には共通の特徴があり、


程度の違いこそあれそれはそのほとんどの方が、
偏平足で歩いている、ということです。

偏平足は、確かに生まれつきの遺伝的なものでなっている方も、
おられますが、私の経験上で言うと、90%以上の偏平足の方は、
ご自分の歩き方で作っている(酷くしている)感じです。
偏平足は見栄えの話ではなく、
足が太くなったりむくみが取れなかったり、
O脚や外反母趾、膝痛や股関節痛などに繋がる遠因になるので、
要注意です。あなたは大丈夫ですか?

ほとんどの偏平足は改善できるものです。
また改善とともに足が細くなったりむくみにくくなったり、
いろいろな足のお悩みも一緒に改善してくれる
可能性がとても高いです。


「私、そうかも…」と思う方は、ぜひ当センターまでご相談ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます