外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

太ももが特に太い・お尻が垂れる・腰周りが張る
              などのお悩みの方へ

ここでお話しする
「太ももが太い」は、
正確には
「体全体のバランスに対して、
太ももの前側が特に太い」
という
症状についてです。


太ももが太いと言うお悩みだけで、当センターにお越しになる方は、
それほど多くはおられません
(でも少数おられます)

しかし、他の様々な足の症状でお越しになりその御相談の中で、
太ももが太いことを仰る方は、かなりの数になります。

実はそれもそのはず、太ももが特に太い方は、外反母趾やO脚
や股関節の痛みや足の疲れと、関係のある症状だからです。

そもそも、太ももだけたくさん栄養の流れていく
なんて体はありえません。

では考えられるのは、使わずに退化してブヨブヨになっているか、
使いすぎて発達させてしまっているかのどちらか、
ということになります。

太ももは生きて生活している以上、ある程度歩きはするので
使わないというのは考え難いです。
ということで、この症状でお悩みの方の多くは
「間違った使い方(歩き方)で太もも前面に負荷をかけ、
発達させすぎてしまった」
ということになります。

 

大まかに説明すると、本来太もも前側の筋肉は歩くときよりも
「ストップ」するのために強く使用し
それに対し、太ももの裏側の筋肉は
前に進むために使う「アクセル」に使用する筋肉です。

 

ですので急な方向転換(ストップ&ゴー)を
繰り返す運動をされている方は
太もも前側が発達するのは分かります。

では、そのような運動をしていない方が
なぜそこが発達してしまうのでしょうか?

それはまず1つ目に、前重心な歩き方をしている、
ということが挙げられます。


前重心で歩いているということは、
常に前に倒れていくエネルギーが、
どこかにかかり続けている、とも言えます。

それを支えているのがストップ筋である、太もも前側の筋肉です。
なのでそのような歩き方をしている方は、
知らず知らずのうちに太もも前側を
「筋トレしながら歩く」ことになってしまっているのです。

前のめりな歩き方の方は可能性が高いですが、
そうでない方でも重心や歩く勢いによっては、それにあたります。

2つ目に、股関節が内向きで歩いている方です。


内股、といわなかった理由は、つま先は外を向いていても、
股関節や膝頭は内をむいてしまっている方が、
かなりおられるからです。


 

この状態は簡単に言えば、
膝と膝をくっつける方向で立てば、
その状態です。

 

そうしてみれば分かりますが
お尻は横に広がって下がり
腰は横に張り
太もも前側に力が
入ってしまうはずです。

 

ですのでお尻が広がって垂れる
腰の横幅が広い、
などのお悩みも関連症状になります。

では、どう歩けばよいのでしょうか?

決してがに股で、
後ろにそっくり返るように
えらそうに歩いたら、
良いわけではありません。

歩き方全体を、理に適った無理の無いものに
整えかえていく必要があります。

当センターでは、外反母趾やO脚、
膝や股関節の痛みの治療のプログラムの中に、
歩行指導も含まれるので
同時に太ももやお尻も改善され、引き締まっていく方が殆どです。


ご興味がおありの方は、まずは一度ご相談ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます