外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

目線はどこを見て歩いてますか?

歩いているときに、どこをみて歩いているのか
(どこが見えているのか)
これは、肩こりの改善にとても影響します。

そして当然正しい歩き方をする上でも
ものすごーく重要なポイントになります。


あなたは、どの辺りを見て歩いていますか?

正解というか、理想はというと
“まっすぐ前を見て歩く”です。
な~に当たり前のことを
言ってるんだろう?
と思った方、違うんです。

結構な数おられるんです
この答えに「えー、そうなんだ!」
と驚く方が。

私も毎日姿勢や
歩き方の指導をしていて
気づくことができたのですが
意外に多くの方がまっすぐ
前を見ておらず
ほんの2~3メートル先の地面を
見て歩いておられるのです。

でも普段誰かと「どこ見て歩いてる?」

なんて確認する機会が無いので
前を向いている人、足元を見ている人
それぞれみんな“自分は普通”と、思って歩いているのです。


もし機会があったら、町で歩いている人々を観察してみてください。

 

誰かに迷惑を掛けていなかったり
体調に問題が無ければ、どこ見て歩いたっていいんですが
2~3メートル先の地面や足元を見て歩いている方は
肩こり(正確に言うと首コリ)
にお悩みの方が多いはずです。

 

なぜかというと、目線を下げて足元を見ると頭は前傾し
その重みを首で支えることになります。

 

頭の重さはおよそボーリング玉ぐらい(5~6キロ!)

結構な負荷を首に掛け続けることになります。

 

ちなみに
この目線を下げあごを引き
頭が前傾した状態を
“ストレートネック”と言い
ひどくなれば頭痛や頚椎ヘルニアの原因にまで繋がります。

さらに頭の重みで体全体も
前傾してしまい
前につんのめるように
             歩くことに繋がります。

この手の歩き方をする方は、上げたつもりの足が上がらず
何も無いところでつまずくことが増えてきたりもします。

できれば、やめたほうがいいですよね、足元見て歩くの。

 

でもそんな方たちに顔を上げて歩きましょう、とアドバイスすると
「足元を見ないと危ないですよ」って言われちゃいます。

 

前を見て歩いている方にとっては当たり前ですが
前を見ててもちゃんと、足元もなんとなく視野には入っていますよね。

 

"車や自転車を運転するときの視点"

と思ってもらえれば分かりやすいかと思います。


今まで見ていたところに、近づいていくわけですし
何か転がってきたぐらいなら、視野に入りますし
段差があるところはそのときだけ

下を確認すればすむことですしね。

 

これぐらいの改善で、首こりや頭痛が減れば
すごく楽じゃないですか?

あなたも歩くときの目線を、確認してみてください。


当センターでお教えしている正しい歩き方をすれば
自然に目線は上がるようになっています。


良ければ一度ご相談くださいね。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-4100

受付時間:月~金:9時~13時・15時~20時

土曜日:9時~18時

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます