外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

四十肩(五十肩)について

当センターにも、肩(腕)が痛くて挙がらない、という症状でお越しになる方がよくおられます。いわゆる四十肩(五十肩)と呼ばれる症状です。

対処法を間違えず早期に治療に当たれば、深刻なことにはならないのですが、多くの方が対処法を間違え、お悩みになっています。
そこでこのページでは、四十肩(五十肩)についてお話したいと思います。

 

四十肩(五十肩)の原因

四十肩の症状
まず、症状としてはじっとしていると痛くはないが、ある特定の動きをすると痛みが発生するのが特徴です。
痛みの発生する箇所はそれぞれですが、大まかに分けて方の前面、側面、後面のどこかで、奥のほうというよりは表層、鈍い痛みというよりは鋭い痛みを感じることが多いです。
痛みの始まりは、明確なきっかけがあるということは少なく、いつの間にかの違和感から始まった、ということが殆どです。

 

 

発生の原因

状態としては関節がどうということではなく、筋肉組織に負担がかかり損傷している状態。
そしてその原因は、何らかの骨格の歪みなどで患部周辺の筋肉が引っ張られ、そんな状態でそこを使い過ぎてしてしまったこと等がきっかけとなっています。
よく「いつもと同じで、酷使した覚えはないけどな~」と仰られる方がおられますが、骨格が歪み引っ張られた様な状態であれば、その筋肉の限界はいつもより早く来ます。
また、高ストレス下であれば筋肉は収縮し、なおのこと引っ張られた状態になります。

 

 

やってはいけない対処

痛みがあるというのは、基本的に体が「その動きはやめて」と言っているのと同じです。

手術後のリハビリ等のいくつかの例外を除き、治療において痛いことはやってはいけません。なので、痛みを我慢して肩を回したり、酷使したりは厳禁です。
また、患部を揉みほぐすなどの行為もやめましょう。イメージとしては、痛みのある患部周辺は、見えはしないけど生傷があると思ってください。
皆さんは生傷がある部分をあえて動かしたり、揉んでみたりはしないはずです。安静にすることが早期の回復に繋がります。
とにかく「痛っ!」となる回数を、頑張って減らすことです。

 

 

もし、やってはいけない対処を続けると・・・

まず間違いなく痛みは広がり、痛くなくて動く範囲はどんどん小さくなっていきます。体としては動かさないでといっているのに動かしているのだから、当然です。
しかしそれも一定の期間を過ぎると、急に痛みがなくなります。
多くの方がこれを治ったと勘違いしていますが、、これは治ったというのではありません。
そのうち体は「この人、痛みで教えても動かすということは、教えても無駄やな~。

それやったらいっそ、もう動かなくしてしまおう」と、体があきらめたのです。

結果どうなるのかというと、痛みこそなくなるものの、もう肩(腕)はある一定以上挙がらなくなります。
当センターには、そんな方も多くお見えになります。このタイプの方は、残念ながら圧倒的に男性に多いです。

 

 

必要な対処法

まず、骨格や骨盤の歪みを整え、それを維持します。これだけでも症状が軽く、その後安静を維持できれば十分回復していきます。
しかし症状が進んでしまっていたり、発症してからかなり期間が経っていたりする場合、患部の緊張を緩める施術も必要です。
また時機を見て徐々に、痛みなく動く範囲で動かしたり、患部周辺筋肉に力を入れたりすることで、脳や体を慣らし安心させることも、回復に役立ちます。
患部周辺を動かさざるを得なかったときは、炎症が起きているのでアイシング。原則お風呂は毎日ゆっくりつかりましょう。

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます