外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

足の痛みについて(薬指~中指付け根)

 

ここでは足の裏の、特に薬指~中指の付け根辺りの痛みについて説明します。


右の図の赤い点が辺りが痛く、歩いたり、酷い場合立っても痛みがある(青丸辺り)

抑えると痛みがある箇所があり、足を横からはさむように掴むと、患部に違和感、痛みがある。この場合「モートン病」といわれる状態である可能性が高いです。

当センターで「モートン病」ではないか、と聞いて、皆さん病名のあるものなんだと驚かれます。正直病名がどうというのはそれほど重要ではないのですが、病名があるということは、それなりに患者数がある症状だということです。実際当センターにも月に2~3名程は、この症状でお見えになります。
そしてこの症状でお悩みの方によくあるのが、きちんと発生の原因のある症状だとは思わず、気づかないうちに始まり、整形外科などに行ってもよく分からず(残念ながら整形外科医の中でもご存じない方もおられます)私だけの珍しい症状なのかなぁと、悩んでおられるパターンです。
しかもこの足の症状は、腰痛、肩こり、ヒザ痛、股関節痛などを引き起こす要因にもなります。
でも大丈夫。原因もきちんとありますし、当センターでは多くの方が改善していますよ。

原因は、後で述べる間違った足の使い方による患部周辺への負担増、によって発生するのですが、負担があまりに酷くなると、患部周辺の腫れや硬質化(皮膚が硬くなる)も酷くなってきます。
こうなると、症状の改善にもう一手間かかることになってしまいますので、できる限り早く対処することが肝心です。

この症状の原因となるポイントは、大きく2つ。
ひとつは足が過剰回内状態であること。もうひとつは歩き方、特に足の地面からの離れ方に問題があることです。
本当はその足の離れ方というのは、足の過剰回内により発生するので、集約するとひとつともいえます。
過剰回内については、詳しくはこちらをお読みください。
過剰回内について

 

ここでは、問題の足の地面からの離れ方について解説します。

本来人間は正しく歩くと、かかとから着地し、重心は足の外側を通って、最後は親指が離れます(リリース)。
しかしこの症状の方は、歩くときにひざを内向きにねじってしまっていることで、最後は患部周辺からリリースしてしまうのです。

これにさらに前体重の歩き方や、前体重を助長する形の靴等の細かな要因が重なって、この症状が発生することが多いです。

この症状に対してよくやってしまい勝ちなのが、痛みのある箇所にクッションを入れて対応する、といったものです。
痛い、だからクッション、というのも分からなくはないですし、その間に本質的な原因の改善を行うのであれば、意味はあるでしょう。
しかし、そうでなければただの対処療法で、そのクッションのせいで足の構造上二次災害を起こすことが多くなってしまいます。
この症状の改善は、本質的には足の使い方や、正しい歩き方の習得がどうしても必要になります。
方向性の違いはあるものの治すためのアプローチは、かかとの痛み(足底筋膜炎)の改善と、パターンが近いものがあるので、そちらを参考になさってください。

もし状態がそれほど悪くなければ、歩き方の改善だけで済むでしょう。
しかし状態が悪ければ、この症状も全身(特に股関節内旋に対して)の施術や、過剰回内改善用のインソールを使用したほうが良い場合もあります。


とにかく、早く対処すればする程効果的なので、もしこの辺りの痛みでお悩みの方は、
ぜひ一度当センターにご相談ください。

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます