外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

過剰回内(オーバープロネーション)について

現在足の疾患や痛みにお悩みの方にとって、それらの黒幕に当たるのが過剰回内(オーバープロネーション)といっても過言ではありません。
外反母趾やO脚といったよく知られた症状から、足が疲れやすい、むくみやすいといった日常の症状、
果ては腰痛や肩こりといった全身症状まで、それは多岐に及びます。
それではそんな過剰回内とはどんな状態なのか、詳しく説明していきます。

●過剰回内とはどんな状態か

過剰回内とは簡潔に言うと、かかとの骨が外にすべり足首が内に倒れた状態(左図)

例外もありますがそれに伴い多くの場合、すねやヒザはつま先の向きより内側に入るので、当センターでは確認しやすいそちらで説明しています。

この方法はご自分でも確認しやすいので、ご参考になさってください。

そもそもは過剰回内自体は本来悪いことではなく、歩く中で足の着地の一瞬は、その形になるものなのです。
しかしその一瞬だけでなく、ずっとその状態で立ったり歩いたりしてしまっていることで、足はもちろん全身に多大な負担をかけてしまっているのです。

●過剰回内が引き起こす症状
過剰回内は、みなさんがお悩みの多くの症状に関係しています。ざっと上げてみただけでも…、

・外反母趾
・内反小趾
・足底筋膜炎(かかとの痛み
・O脚
・X脚
・浮指
・偏平足
・ランナーズニー(ひざの痛み)
・アキレス腱炎

・シンスプリント(すねの内側の痛み)
・モートン病(中指薬指付け根付近の痛み)
・ハンマートゥ

等の病気から

むくみやすい、冷えやすい、疲れやすい、足首が太くなるなどの身近な症状まで。
但し、過剰回内の方がこれら全てになってしまうのではなく、その方の生活様式や体の使い方のクセにより、どんな症状が発生するのか決まってきます。
例えば外反母趾の場合、過剰回内に伴う「アブダクトリーツイスト」という歩き方になっている方が発生します。
(アブダクトリーツイストとは、つま先を支点に、かかとを内側にツイストする動きで歩いている状態です)

また過剰回内時には、連動して体幹に力が入りにくくなるという特徴があり、ずっとそんな状態で生活していることになります。
当然、腹部のインナーマッスルも緩みやすくなるため、努力不足ではなくお腹が出てきてしまっている方も多いのです。
言い換えれば、過剰回内を改善すれば、もっと体は楽に安定し、お腹は引き締まり、力が入りやすくなるということがいえます。

さらに、過剰回内は扁平や浮指を引き起こすため、体を支えるための安定感や、衝撃吸収力は大きく失われてしまいます。
その分ヒザ・股関節・腰といった箇所に負担が偏り痛みを発生させたり、不安定さが無意識のうちの首肩の緊張を生み、コリの原因になっていたりもするのです。

 

●過剰回内の改善方法
このように多くの問題に繋がる過剰回内ですが、改善することは可能です。むしろ、先に述べた症状にお悩みの方にとって、過剰回内の改善なくして根治はありえません。
基本的には過剰回内とは足の使い方・歩き方の問題なので、治療は歩き方の改善がベースになります。
程度の軽い方であれば、歩き方を直すだけですぐに症状が改善する方もおられます。


症状が重かったり、長年亘っていたりする場合、関節の可動域の改善や、全身のバランスを整える施術が必要な場合もあります。


お悩みの方は、とにかくまずはご自信の現状把握からです。ぜひ一度当センターにご相談ください。

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます