外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

外反母趾とその治療について

外反母趾とはどういう状態なのか?

まず、外反母趾とはどういう状態かというと、親指の付け根が外に張り出し、そこが一定の角度を超えた状態のことを言います。(左の図)
一定の角度とは、一般的には15度を超えると外反母趾、20度~40度を中程度、40度を超えると重度とされています。
しかし基本はまっすぐであるべきものですから、角度はあくまで現状を測る目安と考えてください。
ご自分で確認する場合、下記の方法を参考にし、角度を測ると分かりやすいでしょう。

●外反母趾は何故良くないのか?
出っ張ってしまった骨が痛む場合、すぐにでも治したいと思うでしょうし、よくないのは明らかです。
しかし角度や生活の状態によっては、15度を超えていてもまだ、痛みが無い場合も多いのです。
そんな痛みの無い外反母趾でも、やはり体にはよくないのでしょうか?

答えはYESです。とても体にはよくない状態です。
何故なら足の指の位置が本来の場所に無い、本来の形では無いということは、本来発揮できる力を発揮できないということに繋がります。

足は体全体にとって、マンションで言う一階の役割も果たしています。
例えるならば、四角いマンションなのに一階だけ三角形。そんな不安定な状態とでも言いましょうか。
実際に外反母趾の方の足の圧力を測定してみると、指が浮いてしまったり扁平になってしまったりと、ほぼ全員が二次疾患を引き起こしている状態になってしまっています。

当然その影響は足だけにとどまらず、ヒザや股関節、腰や首肩にまで及んでいきます。
ですから間接的には、外反母趾の方は全身に疾患に繋がっている、といえるのです。

●外反母趾の原因に対する誤解
外反母趾の原因と言うといまだに多くの方が、ハイヒールのせいだと思っておられます。
確かにあの先の細くなった形は、外反母趾を連想させるでしょう。
しかし実際には、それが主な原因ではありません。
それが証拠に、当センターには男性の外反母趾患者様も少なからずこられます。
それらの方全員が、女装を趣味とされているとは考えにくいでしょう。
ましてや世の中の研究論文には、靴を履かない地域に人達の中にも、外反母趾の方を確認しているとあります。

そうです、もう一度言います。外反母趾は、靴の種類が直接の原因ではありません。

●外反母趾の真の原因
私達は原因の解明にこだわります。基本当センターでは、よくなればオッケーはありえません。
何故なら、原因が分かっていなければ、今その痛みやコリは治まっても、再発の危険性はずっと付きまとうからです。
もし本当に根治を望むなら、打つべき対策は「症状(出っ張った)」に対しての対策ではなく、
「原因」に対しての対策でなくてはなりません。当然、外反母趾にも同じことが言えます。

世の中の病気や怪我の原因は、大きく分けると「生まれつき」「事故」疫病(外部からうつされる)」そして「生活習慣」の4つです。
外反母趾をここに当てはめると、事故、疫病は外れることになります。生まれつき、というのは骨の形で多少なりやすいなりにくいはありますが、決定的原因ではありません。ということは原因が隠れているのは、「生活習慣」の中ということになります。

では、どんな生活習慣が影響したのでしょうか。男女、もしくは靴を履くはかないにかかわらず関係のある、足にまつわる生活習慣というと何を思い浮かべますか、そうです、外反母趾の真の原因とは「歩き方」以外、考えられないのです。


●外反母趾になる歩き方とは?
外反母趾の原因が「歩き方」にあるということは、正しい歩き方と正しくない歩き方がある、ということになります。
皆さんはそんな風に、歩き方に正しいものとそうでないものがある、などと考えたことがありましたか?

実は人体の骨の約四分の一(56個、種子骨含む)は、足首から下に集まっています。
ということは、それだけ多くの「動く関節」があることになります。
そして歩くときには、その全ての骨(関節)がどう連動して動くのか、全て正しい動きがあるのです。
言い換えれば、足はその骨の数や配置、構造にあった、理にかなった正しい動かし方があると言えます。
これを、バイオメカニクス(生体構造力学)といいます。これが、アメリカ足病医学の考え方の基本のひとつになっています。
本来は難しく考えなくても、自然にそんな正しい動かし方ができているはずなのですが、「怪我の後遺症」「スポーツでついた癖」「履物の影響」等様々なことから、その正しい歩き方を見失い、無理や負担のある歩き方をしてしまっているせいで、外反母趾になっているのです。
そして具体的には、外反母趾は「過剰回内(オーバープロネーション)」と、それに伴う「アブダクトリーツイスト」という足の使い方・歩き方が、発生の原因となっています。
この過剰回内というのは簡単に言うと、ヒザやすねの向きが、つま先より内にねじれすぎた状態。
本当にこんなことが影響あるのかという方のために、当センターで改善途中の方の動画を上げておきます。
この方は改善が進み、患部の柔軟性を取り戻しつつあるので、
ヒザの向きを変えるだけで、患部の形が外反母趾⇔正常と動くのがよく分かります。

この過剰回内(オーバープロネーション)は、外反母趾のみならず「O脚・X脚」「足底筋膜炎」「モートン病」など、
足の様々な疾患の根本原因となっています。ですので別ページで詳しく解説をしているので、そちらをお読みください。

●外反母趾に必要な治療とは
では、正しい処置をすれば外反母趾は本当によくなるのでしょうか?
これも、答えはYESです。よくなります。
外反母趾は治らないと仰る方もおられますが、当センターで実際によくなっている方が、大勢おられます。

しかし、これまでの説明を読んでいただいた方なら、テーピングや指の間を広げるサポーターなどでは、本質的によくならないのは、なんとなくご理解いただけるかと思います。

そうです。それらは「正しくない歩き方」という、真の原因にアプローチしていないからです。
グーパー体操や矯正靴下なども、同じ理由で有効ではありません。
当センターでは、テーピングもサポーターも包帯も使いません。グーパー体操も行いません。
おおまかには、施術と歩き方の指導、それに過剰回内矯正用のインソール(フットベッド)で治療します。

 

①まず正しい歩き方をしようにも、長い間その使い方をしていなかった場合、関節がそちらに動かず無理な場合が殆どです。
特に股関節にその傾向が見られます。ですから、多くの方は関節の可動域を取り戻す施術が必要です。
また筋肉も、今までのその負担の多い歩き方を助ける不自然な状態になっているため、全体のバランスを緩め、整えます。
これらは殆どの方が施術前と施術後で、立ったときのバランスが顕著に違うことで感じられます。

②次に歩き方の矯正指導ですが、現在2段階に分けてお教えしています。

どう変えるかは説明も難しいうえ、これまでのその方の歩き方にも拠ってくるので、詳しくはお越しいただくしかないのですが、ごく抽象的に簡単に言うと「重心が後ろの歩き方」「地面を蹴らない歩き方」「土踏まずを形成する歩き方」とでも言いましょうか。
専門的には、「屈曲感覚歩行」と「二軸感覚歩行」と言うものになります。

必ずいえるのは、足は本来そのように使って歩くためにできているため、習得するとまず、びっくりするぐらい歩くのが楽になります。

当然皆さん一度で習得するわけではないので、施術とあわせ繰り返しお教えします。

③そしてさらに、長年の歩き方を変更することは簡単ではないため、補助でそれようの靴の中敷(インソール)を利用します。
靴の中敷といっても臭い取りからクッション性を上げるものまで、用途によって様々です。
しかも日本には正直、バイオメカニクスを無視したとんでもないものがとても多いのです。
ですから、インソールといっても一括りに考えると痛い目にあいます。また、高ければよい、病院の紹介だから良い、というわけでもありません。

当センターで使用するのは、アメリカでは過剰回内矯正に医療で使用するものを、日本用にアレンジしたものです。
このインソールの特徴は、歩き方の修正を手伝い、正しい歩き方に流してくれる、動きを作ってくれる便利なものです。
ですから使用して効果があるだけでなく、どんどん正しい歩き方が身につきやすくなっています。
また、外反母趾による痛みのある方は、このソールを使用した時点で痛みは無くなることが多いです。

これらが基本となっています。さらに付け加えるならば、正しい歩き方用の筋肉がついてこないと、その歩き方は定着するのが難しくなります。
より早く仕上げるためのトレーニングマシン(スタイレックスQ)を使用すると、それが促進されます。

このようなやり方で、当センターでは実際に多くの方が外反母趾を改善しています。
改善の例の一部は、こちらでご覧ください。

長くなりましたが、これでもお伝えしたいことのほんの一部なのです。
さらに詳しく話を聞きたい、ご自分の状態を知りたい、他の方の改善例を見てみたいという方は、ぜひ一度ご連絡ください。

 

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます