外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

腹圧トレーニング教室

腹圧トレーニング教室とは、おなかの力の入れ方から、おなかに力を入れた、実際の日常動作のトレーニングまでを行う教室です。
全ての動きでおなか周りの筋力が使えるようになり、腰痛や肩こりの解消はもちろん、良い姿勢が無理なく保てるようになります!

 

当センターに通っておられる患者様の中で、おなか周りの筋肉をあまり使えておらず、その分の負担が腰にきてしまい、そのため腰痛や肩こりになってしまっている方が、かなりの割合でおられます。

皆さんは大丈夫でしょうか? おなかに力、入っていますか?

下腹に力を入れろとか、丹田に力を入れるなどという表現で、下腹部への力を入れることの重要性は、昔から言われてきました。


しかし意外に多くの方がその、「下腹への力の入れ方」自体が上手くつかめず、実際には入れた気になっているだけで、入っていないことが多いのです。

特に多いのが「おなかに力を入れるとは、おなかを引っ込めること」と、誤解していることです。
これは実際そう書いてある本や、そう教える指導者もおられるので、そう勘違いするのも無理のないことです。
この誤解は、おなかが「引き締まる」という結果の「状態」と、おなかに「力を入れる」という「動作」を、混同してしまっているのではないかと思います。

また実は、過去ピラティス等おなかを「引き締める」トレーニングに、通ったことがある方の中にも、おなかに力を入れた日常動作ができないという方が、かなりの確率でおられます。


引き締まりはしたものの、それをそのレッスン内だけではなく、日常の動作に上手く応用して使いこなせていない、そういう状態に陥っているのです。

もし各日常動作でおなかに力いれることができれば、腰やヒザや肩などの負担は、必ず減ることになります。


また常に下腹部を使い続けることができるということは、毎日の生活自体が「筋トレ」になり、常に引き締まった状態を、無理なく維持することができるようになります。
この教室は、そこまでの状態を目指すトレーニング内容になります。

実際に治療院において、おなかの力の入れ方が分からなくなってしまった、という方たちに取り組んでもらっているメニューを、より幅広く手軽にアレンジしたものです。


当センターで定期開催しておりますので、ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください。

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます