外反母趾・O脚・足の痛みなど、足の症状でお悩みならコンディショニングセンター新大阪へ

大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル2F

お気軽にお問合せください

06-6195-4100

サーキットトレーニングの特徴

体を動かそう、鍛えようと思う目的は、ダイエットや筋力強化、健康維持など様々だと思います。

中でも社会人や主婦の皆様にとっては、限りある時間ですからできれば「短時間」「手軽に」「効率良く」
それが叶えられれば、とお思いなのではないでしょうか。


そんな希望を叶えるトレーニングシステムが「サーキットトレーニング」というシステムです。
現在評判を呼び、全国にこのシステムのジムは広まりはじめています。


サーキットトレーニングシステムとは?
油圧式マシンによる筋力トレーニングと、ジョグボードでの有酸素運動を、およそ30秒ごとに休憩なしで交互にこなしていくスタイルです。
アメリカで人気だったスタイルのジムだったものが、2005年ごろから日本に入ってきだしました。
短時間で全身の筋肉を効率よく鍛えられることで人気になりましたが、このシステムは「健康的にやせやすい体作り」にも大変効果的です。
そこで、このシステムのヒミツを解説していきましょう。

 

秘密①ダイエットにも筋肉が必要!
特にダイエットを考えておられる方に「筋トレよりも有酸素運動(ジョギング)等の方が脂肪が燃焼するのでは?」と質問を受けます。これが大きな誤解です。
まず分かりやすく言うと、基本的な脂肪の燃焼量は筋肉量にある程度比例します。ですから、筋肉の少ない人は太りやすく、筋肉の増えた人はやせやすくなります。
なので、ダイエット目的の方も筋肉量のアップは欠かせないのです。このシステムは、全身の筋肉をまんべんなく鍛えることができるので、
「健康的にやせやすい体作り」を効果的に促進します。


秘密②”30秒”

このシステムでは、約30秒ごとにジョグ→筋トレ→ジョグ→筋トレを繰り返していきます。そしておよそ30分で終了するのですが、

この「30秒」に大きなヒミツがあります。実は筋肉というものは、同じところを長いこと続けて使うと、乳酸という疲労物質がたまりはじめ動きが悪くなり、筋肉痛になりやすくなってしまうのです。

つまり、30秒で筋肉を休め、その間にジョグで回復させることによって、トレーニングを続けることができ、効率よく短時間で密度の濃い運動が可能になるのです!


秘密③筋トレと有酸素運動、組み合わせ
みなさんは、脂肪燃焼のための有酸素運動(ジョギングなど)は、20分以上しないとダメだよ、という話は聞いたことがおありでしょうか?
これには大きく二つの理由があります。まず一つ目は、脂肪燃焼の酵素(リパーゼ)というものは、体温が36.5度より0.5~1度上昇しないと活発に働きません。
ジョギングなどでそこまで体温を上昇させるのに、およそ20分ほどかかるとされているのが1つ目の理由。


2つ目の理由は、一番効率よく脂肪を燃焼させる心拍数、というものがあって、それが平常時の心拍数より6~8割り増しの状態なのです。
(例えば、平常時60回の方なら96回~108回ぐらい)ジョギングなどでその心拍数まで上昇するのにもおよそ20分かかる、というのが二つ目の理由です。
しかし、このサーキットトレーニングシステムの素晴らしいところは、交互に筋力トレで負荷をかけることによって、始まって3分ほどで体温、心拍数ともに理想まで上昇。
しかも休憩なしに続けられるので、その後終了まで効率の良い脂肪の燃焼状態は続いてくれます。

 

以上の理由により、単純に有酸素運動だけ行うのに比べ、3倍以上の脂肪燃焼効果があると言われています。
この優れたシステムのおかげで、効果が高いと評判を呼び、現在大人気になっているのです。

 

お問合せはこちら

お問合わせはお気軽に

06-6195-4100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

ごあいさつ

センター長 中島武志

本気で改善されたい方、全力でお力になります。
ぜひ一度ご相談下さい!

 ヨガの予約はQRコードを読み込むか、または→こちら

当店の口コミサイトはここをクリック

 

 ボディコンシェルジュ


 

  スーパーフィート


 

  フットルック

 

友だち登録はこちら↑

  クレジットカード
   使えます